「5000円でいいから」

閉店時刻となり、シャッターを下ろしていると、

店の前の駐車場に1人の男性が走り込んできました。

シャッターを半分降ろした状態で話を伺います。


「これ、いくらになる?」と尻ポケットから、

かなり使い込んだ長財布を取り出しました。ノーブランドです。

どこも買い取らないだろうなと思いながら、

ウチでは財布を扱っていないと断りました。


「じゃあ、これはどうだ?」と今度は自分の足元を指さします。

いま履いている同じく使い込んだスニーカー。もちろんノーブランド。

当然ですが扱っていないとお断りします。


「5000円でいいからくれよ」


なかなか世の中を舐めたことを言いますね。

「5000円『でいいから』」ですか。


すでに閉店時刻は過ぎています。

残業するに値しない話なので、少し強引に外に出てもらい、

半分だけ降ろしていたシャッターを引き下げました。

ちょっと感じが悪かったかなと後悔した瞬間、

ガシャガシャガシャとシャッターを叩く音が・・・


こわい・・・この人、こわい・・・


幸い、これだけで被害は何もありませんでしたが、

ノーブランドの使い込んだ長財布とスニーカーで、

5000円を最低ラインと考えるような少しイカれたお客さん。

怖いので二度と来てほしくないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント