シんでくれてありがとう:その5

その1その2その3その4・その5


その後、しばらくEの姿を見かけない日が続きました。

そこへ「僕、わかりますか?」と、

男性が声をかけてきました。


Eにいいように利用されていた気の弱い男性です。

彼が話すところによると、

Eがついに道端で野垂れ死にしたそうです!


ただ、その後始末も彼がしたそうで、

さらには、まだ借金も残っているとか・・・

半分くらい同情しますよ。


どのような人間でも、何かしら社会に必要とされていると思いますが、

Eだけは別です。

この世に存在しているだけで迷惑。

Eができる唯一にして最大の「必要とされていること」は「死ぬ」こと。


親がつけてくれた「正美」という名前に込めた願いを、

完全に無視し、無駄にし、無下にした人生でしたね。


人が死んだことを喜び、祝杯を挙げることは、

これまでも、これからもないでしょう。


この話を読んで不謹慎と思った方もいらっしゃるでしょう。

Eがどれだけウチとこの界隈の住民に迷惑をかけたのかを、

ご存じないからそう思えるのです。


このような人間に出会ったことがないあなたは、

とても幸せな人生を歩んでいると思いますよ。


その1その2その3その4・その5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック