目測は当てにならない

家具の買取依頼があった時に、

その商品のサイズをおたずねしています。

サイズによっては買取できないことがあるからです。


用意が良い方ですと、予め測ったサイズを教えてくれますが、

ほとんどのお客さんはその場で測ります。

近くにメジャーでもあれば正確に測れますが、

ない場合はデザインを尋ねたり、

身体のサイズを基準にするなどで、

だいたいの数字を教えてもらいます。


中には目測だけで答えるお客さんもいまして、

高さは身長と比べられるので目安が付きますが、

横幅は見当が付けにくいようで、

実際のサイズより大きく見積もる傾向があります。


120cmと言われれば100cmくらい、

100cmなら80cmくらいを想定して話を聞きます。


先日は150cmと言われたので120cmを想定していましたが、

実物は75cmと大幅に違うサイズのものでした。

倍の大きさに見積もるのは珍しい・・・


1ミリ単位の正確さは必要ありませんが、

誤った判断をしないために、

あらかじめサイズを測ってから連絡をいただけると、

とても助かります。


リサイクルショップ名古屋家具流通センター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック