テーマ:私事

大和・明日香2:3日目

自転車で走ってると、 観光地というよりも「雰囲気の良い田舎」な感じがします。 散歩をしたほうが気分がいいかもしれません。 クルマでの移動はあまりお勧めしません。 石舞台古墳、天武・持統合葬陵、高松塚古墳、キトラ古墳。 画像はありませんが古墳や陵墓は相当数あり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和・明日香1:3日目

3日目は明日香村で古代史を感じようと、 レンタサイクルでまわりました。 謎の亀石、謎の酒船石。 やはり「謎の人面石」はありませんが、二面石がありました。 飛鳥板葺宮で香久山を眺め、 また、水落遺跡で漏刻に思いをはせ、 さらには蘇我入鹿首塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊・九度山:2日目

高野山を下りてふもとの九度山へ。 関ケ原の合戦後に真田親子が蟄居した地として有名。 ただ真田庵では「昌幸・信繁」親子ではなく、 「幸村・大助」親子となっていてちょっと残念。 間違いではないですけどね・・・ 真田庵とその周辺を散歩。 抜け穴、米金などを眺め、真田ミュージア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊・高野山3:2日目

初日にゆっくりと散策しすぎて回り切れなかったので、 再び高野山へ戻りました。金剛峯寺を見ていないんですよ。 一時的に中学生の団体が来ましたが、前日同様に観光客は少なく、 秀次が腹を切った部屋や2石炊きの釜などをじっくりと見ることができました。 そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊・高野山2:1日目

奥之院は有名人から一般人まで、 大名家から会社まで多様な墓がありました。 北は松前、伊達、相馬から、 南は黒田、有馬、島津まで、 全国の大名家の墓があってそれを見ているだけでも楽しめます。 豊臣秀吉、石田三成、本田忠勝、伊達政宗などは、 「家」の墓とは別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊・高野山1:1日目

以前より親が高野山に行きたがっていまして、 なかなか連れていく機会がなかったのですが、 今回ようやく行くことができました。 大門前の町石道を少し登って到着した気分だけ味わいました。 大門は写真で見た印象よりもかなり大きいです。 その後は壇上伽藍をうろうろ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2回目の車検

2回目の車検ということは、もう5年も乗っているんですね。 そんなに経っているとは思えない。 そう言えば、前回の車検の時はまだ社長だったな・・・ クルマそのものは特別何も異常なし。 いくつか消耗部品をのみです。 タイヤもバッテリーも異常なし。 次の車検まで交換しないで済むとありがたいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・米沢城:3日目

3日目は帰るだけなのですが、 折角なので米沢に寄ることにしました。 米沢と言っても米沢城くらいですし、 米沢城と言っても稽照殿くらいですが・・・ 稽照殿では例の「愛の前立て」をやっと見ることができました。 前回は時間切れで見ることができなかったので・・・ ここか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・酒田:2日目

酒田市定番の山居倉庫。 ここの観光駐車場にクルマを停めて周辺を散歩です。 まず本間家旧本邸と別館。 前回はガイドさんが案内してくれたのですが、ここも今回はなし。 その時の話とブラタモリの内容を家族にひけらかしておきました。 プラプラ歩きながら日和山公園に到着。 生憎の曇天模様でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・清遠閣:2日目

とても心安らぎ、寛ぐことができた湯舟沢温泉を後にして、 日本海側の酒田へ向かいます。 新庄あたりをかるくドライブしながら向かったのですが、 新庄周辺では「風除室」がない家が多く、その代わりなのか、 1階部分が地上1m程度に造られている家がよく見られました。 冷気よりも積雪対策を優先したのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・湯舟沢温泉

初日のお宿は湯舟沢温泉。 本命は銀山温泉でしたが、 手頃なところは満室、 良いところは予算オーバー、 安いところは悪評が多いという感じでして、 決めかねていたところへ偶然見つけたのがここでした。 結果的に大正解。 国道からわずか数分奥に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・立石寺:1日目

立石寺。通称「山寺」。 「山寺の和尚さんが、毬はつきたし毬はなし」という、 あの動物虐待の童謡とは関係はありません。 前回来たときは小学生の集団がいまして、 「岩に沁みいるガキの声」といった風情でしたが、 さすがにこのご時世なだけあって大人しかおらず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出羽・山形城:1日目

テレビの旅番組を見ていた親が「山形へ行きたい」と言い出し、 2008年以来、久々の山形に行くことになりました。 箱根のあたりから大雨に見舞われ、 天然のシャワーですっかりきれいになったクルマで、 まず山形市内の山形城に到着。 東大手門や最上義明像は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・雑感

2013年の道北、2014年の道南以来の北海道でした。 前の2回はともにあまり天候に恵まれなかったのですが、 今回は到着直後に降られたくらいで、傘は1度も使わずにすみました。 特に2日目・3日目は快晴で、 遠く(もないか)青森が見えたのはうれしかったです。 今回は多様な乗り物を利用しました。 飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・札幌:4日目

さて、北海道旅行も最終日。今日は1日札幌です。 函館本線で森林公園駅に行き、そこからバスに乗り換えて、 辿り着いたのは北海道博物館。 旅行カバンが邪魔なのでコインロッカーに入れようとしたら、 ロッカーが意外と小さくて入らなかったので、 受付で預かってもらいました。 北海道はアイヌに興味を持たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館山:3日目

11:30の始発のロープウェイにお客さんは10名ほど。 多いのか少ないのか、まったくわかりませんが、   山頂の方はすでにクルマで来ている方たちがたくさんいました。 定番の写真。 50間近のおっさん1人で夜景を見に来る度胸はありません。 予定より始発が30分遅れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館:3日目

3日目は函館市内を散歩。 コロナの影響でホテルでは朝飯が用意されないので、 函館朝市で朝飯です。朝からイクラ丼。 元町は坂が多い。 多いけど、坂を下ったその先に海が見えるのはいいですね。 とは言っても、坂道で疲れることに変わりはなく、函館公園で一休み。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・松前:2日目

上ノ国からは一路函館を目指します。 前回は時間切れで函館から改めて出直すという、 とても無駄な時間を費やした松前ですが、 今回は素通り。 と、思ったけど尿意を覚えたので道の駅で一息入れました。 道の駅に寄って正解でした。 海の向こうに津軽半島が見えます! さらに岩木山まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・上ノ国:2日目

江差を後に、安物ナビを操作して上ノ国の勝山館へ。 前回はガイダンス施設のおっちゃんや、 夷王山神社で居合わせたおっちゃんのおかげで、 「城に来て城を見ない」という大失態をやらかしましたが、 今回は無事に目的を果たすことができました。 改めてガイダンス施設で説明を聞き(今回はお兄さん)、 復元模型で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝦夷地・江差:2日目

2日目はレンタカーを借りて道南を移動します。 前日の軽い散歩の途中でレンタカー屋さんの前を通りまして、 「もしかしたらこれかな」と思っていたまさにそのクルマでした。 青いフィット。 標準装備の車載ナビと後付けの安いナビの2種類が用意されていまして、 安物ナビを使うようにとのこと。 車載ナビは調子が悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館:1日目

「不要不急の外出」の最たるものである旅行に行ってまいりました。 しかも行先は北海道。 一抹の不安を抱えながら中部空港へ向かいました。   函館行はANA/AIRDОコードシェア便でして、 6年前に乗った時はANAでしたが、今回はAIRDO。 乗客はわずか15人ほど・・・ 機内Wi-F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10万円

話題となっている給付金。 我が家にもその申請書が届きました。 幸いなことに、私も定職についていまして、 低収ながらも定収がある身ですので、 生活に困っているのではありませんが、 有難いことに変わりはありません。 手続きが面倒といううわさがありましたが、 自分の名前や振込先を記入するくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不要」ではないが「不急」でもない

「不要不急」と叫ばれていますが、 「不要」ではないが「不急」でもないのが病院。 年に1~2回程度、検査のために眼科に行く必要があり、 1月に予約をしてありました。 駐車場が狭いので、いつも停めるのに苦労していましたが、 今回はガラガラです。 もちろん、待合室も数人で、あっという間に検査も診察も終了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常事態宣言下で

今の職場は「休業?テレワーク?何それ?」という職場なので、 いつものように何も変わらず出社を続けています。 通勤中の道路事情を見てもあまり変化がないので、 通勤時間もいつも通りです。 自宅にいても、もともと「インドア派」なので「自粛」も何もありません。 いつもと同じように、読書を中心とした休日を過ごして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘法山遍照院

陽気に誘われて弘法さんまで散歩に行ってきました。 ソメイヨシノはいまが見頃です。 お客さんも少なく、3密とやらとは全く無縁です。 ここから少し足を延ばして猿渡川に沿って歩き、 八ツ田神明社で散歩は終了。 トウカイタンポポ、オオイヌノフグリ、カラスノエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく納車

親が長年載り続けたヴィッツを買い替えると言い出しました。 それが昨年の夏の話で、1月に11年目の車検を控えていたので、 いいタイミングでしょう。 クルマに求めるものがなく、「走ればいい」という考えの持ち主なので、 車種の選定に困りましたが、 かねてから懇意にしているディーラーで選んだのがN-WGN。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・岐阜城

ここしばらく美濃の城によく出かけていますが、今回は岐阜城です。 何年ぶりでしょう?20年ぶりくらい? 麓の居館跡はまだ発掘調査中ですが、少しずつ進んでいます。 「斎藤ミチゾウは美濃のクスリ売りから成り上がった」と、 得意気に説明している男性がいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・妻木城士屋敷跡

妻木城の麓に士屋敷跡があります。 ここの見どころは石垣です。 残った石垣、崩れた石垣、苔むす石垣、木にのみこまれつつある石垣。 山城と違い、道路のすぐそばにあるのでとても見やすいところです。 また、何かの機会に来たいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・妻木城

「明智つながり」で妻木城。 ここの城主である妻木広忠の娘が光秀のカミさん。 堀切。 2枚目の右側が「伝南曲輪」で登れますが、 急角度なので降りるときはとても怖い。 一の曲輪石垣。自然の岩を取り込むように積まれています。 明らかに人工的な石です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・明知城(白鷹城)

本当に行きたかったのは大正村ではなく、 その一画にある明知城でした。 可児市にも「明智城(長山城)」があり紛らわしいのですが、 「知」と「智」の字が違います。 とても魅力的な山城で、とにかく1度来たかった城です。 堀切、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more