テーマ:私事

蝦夷地・雑感

2013年の道北、2014年の道南以来の北海道でした。 前の2回はともにあまり天候に恵まれなかったのですが、 今回は到着直後に降られたくらいで、傘は1度も使わずにすみました。 特に2日目・3日目は快晴で、 遠く(もないか)青森が見えたのはうれしかったです。 今回は多様な乗り物を利用しました。 飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・札幌:4日目

さて、北海道旅行も最終日。今日は1日札幌です。 函館本線で森林公園駅に行き、そこからバスに乗り換えて、 辿り着いたのは北海道博物館。 旅行カバンが邪魔なのでコインロッカーに入れようとしたら、 ロッカーが意外と小さくて入らなかったので、 受付で預かってもらいました。 北海道はアイヌに興味を持たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館山:3日目

11:30の始発のロープウェイにお客さんは10名ほど。 多いのか少ないのか、まったくわかりませんが、   山頂の方はすでにクルマで来ている方たちがたくさんいました。 定番の写真。 50間近のおっさん1人で夜景を見に来る度胸はありません。 予定より始発が30分遅れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館:3日目

3日目は函館市内を散歩。 コロナの影響でホテルでは朝飯が用意されないので、 函館朝市で朝飯です。朝からイクラ丼。 元町は坂が多い。 多いけど、坂を下ったその先に海が見えるのはいいですね。 とは言っても、坂道で疲れることに変わりはなく、函館公園で一休み。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・松前:2日目

上ノ国からは一路函館を目指します。 前回は時間切れで函館から改めて出直すという、 とても無駄な時間を費やした松前ですが、 今回は素通り。 と、思ったけど尿意を覚えたので道の駅で一息入れました。 道の駅に寄って正解でした。 海の向こうに津軽半島が見えます! さらに岩木山まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・上ノ国:2日目

江差を後に、安物ナビを操作して上ノ国の勝山館へ。 前回はガイダンス施設のおっちゃんや、 夷王山神社で居合わせたおっちゃんのおかげで、 「城に来て城を見ない」という大失態をやらかしましたが、 今回は無事に目的を果たすことができました。 改めてガイダンス施設で説明を聞き(今回はお兄さん)、 復元模型で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝦夷地・江差:2日目

2日目はレンタカーを借りて道南を移動します。 前日の軽い散歩の途中でレンタカー屋さんの前を通りまして、 「もしかしたらこれかな」と思っていたまさにそのクルマでした。 青いフィット。 標準装備の車載ナビと後付けの安いナビの2種類が用意されていまして、 安物ナビを使うようにとのこと。 車載ナビは調子が悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦夷地・函館:1日目

「不要不急の外出」の最たるものである旅行に行ってまいりました。 しかも行先は北海道。 一抹の不安を抱えながら中部空港へ向かいました。   函館行はANA/AIRDОコードシェア便でして、 6年前に乗った時はANAでしたが、今回はAIRDO。 乗客はわずか15人ほど・・・ 機内Wi-F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10万円

話題となっている給付金。 我が家にもその申請書が届きました。 幸いなことに、私も定職についていまして、 低収ながらも定収がある身ですので、 生活に困っているのではありませんが、 有難いことに変わりはありません。 手続きが面倒といううわさがありましたが、 自分の名前や振込先を記入するくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不要」ではないが「不急」でもない

「不要不急」と叫ばれていますが、 「不要」ではないが「不急」でもないのが病院。 年に1~2回程度、検査のために眼科に行く必要があり、 1月に予約をしてありました。 駐車場が狭いので、いつも停めるのに苦労していましたが、 今回はガラガラです。 もちろん、待合室も数人で、あっという間に検査も診察も終了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常事態宣言下で

今の職場は「休業?テレワーク?何それ?」という職場なので、 いつものように何も変わらず出社を続けています。 通勤中の道路事情を見てもあまり変化がないので、 通勤時間もいつも通りです。 自宅にいても、もともと「インドア派」なので「自粛」も何もありません。 いつもと同じように、読書を中心とした休日を過ごして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘法山遍照院

陽気に誘われて弘法さんまで散歩に行ってきました。 ソメイヨシノはいまが見頃です。 お客さんも少なく、3密とやらとは全く無縁です。 ここから少し足を延ばして猿渡川に沿って歩き、 八ツ田神明社で散歩は終了。 トウカイタンポポ、オオイヌノフグリ、カラスノエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく納車

親が長年載り続けたヴィッツを買い替えると言い出しました。 それが昨年の夏の話で、1月に11年目の車検を控えていたので、 いいタイミングでしょう。 クルマに求めるものがなく、「走ればいい」という考えの持ち主なので、 車種の選定に困りましたが、 かねてから懇意にしているディーラーで選んだのがN-WGN。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・岐阜城

ここしばらく美濃の城によく出かけていますが、今回は岐阜城です。 何年ぶりでしょう?20年ぶりくらい? 麓の居館跡はまだ発掘調査中ですが、少しずつ進んでいます。 「斎藤ミチゾウは美濃のクスリ売りから成り上がった」と、 得意気に説明している男性がいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・妻木城士屋敷跡

妻木城の麓に士屋敷跡があります。 ここの見どころは石垣です。 残った石垣、崩れた石垣、苔むす石垣、木にのみこまれつつある石垣。 山城と違い、道路のすぐそばにあるのでとても見やすいところです。 また、何かの機会に来たいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・妻木城

「明智つながり」で妻木城。 ここの城主である妻木広忠の娘が光秀のカミさん。 堀切。 2枚目の右側が「伝南曲輪」で登れますが、 急角度なので降りるときはとても怖い。 一の曲輪石垣。自然の岩を取り込むように積まれています。 明らかに人工的な石です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・明知城(白鷹城)

本当に行きたかったのは大正村ではなく、 その一画にある明知城でした。 可児市にも「明智城(長山城)」があり紛らわしいのですが、 「知」と「智」の字が違います。 とても魅力的な山城で、とにかく1度来たかった城です。 堀切、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・大正村

20数年ぶりに大正村に行ってきました。 大河ドラマに縁のある地として盛り上げようとしていましたが、 平日の真っ昼間で雪がちらつくような天気なので、 観光客は少なめです。 以前に訪れたときにも思いましたが、 「大正村」と称していても、特別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早く終わったので

毎年恒例の花粉症の薬をもらいに耳鼻科まで行ってきましたが、 これまた毎年恒例のごとく、とても短時間の15分で終わったので、 そのまま知立神社まで初詣に行ってきました。 さすがに混雑はしていませんが、それでも平日よりは多めです。 今年は時間と心に余裕があったので、 本殿だけでなく摂社末社も参拝してきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年が終わります

店を閉めてこの先の見通しが立たなかったのは昨年末。 今年はどうにか無事に転職にも成功し、何とか食いつないでいます。 転職先ではやはり過去の職場の話が出ることもあり、 リサイクルショップの話をするのですが、 その際には「去年の今頃は社長をやっていました」と、 余計な一言を付け加えるのを常としていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もよく読みました

今年は6タイトル22冊を読みました。 いやあ、少ないですねえ。 恐らくここ20年で一番少ないですね。 職場が変わり、読書の時間がとりにくくなったことと、 小説を1冊しか読まなかったことが原因でしょう。 「第二次世界大戦」「満州事変」が合わせて18冊で、 ほとんどこの2タイトルが占めています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至に思ったこと

カボチャの煮物は食べましたが、ユズ湯はなかった今日は冬至。 暖かい日もあれば風が冷たい日もあり、 季節が変化している気もするし、 なんだかどうでもいいような気もしています。 店を閉めてからいろいろなものに対する関心が薄れていますね。 太陽の死と復活の日。 この日に合わせて私ももう少し能動的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山城・金戒光明寺

京都の金戒光明寺へ行ってきました。 理由は特にないです。 「気が向いた」と言う感じですね。 ご覧の通り、曇天です。 紅葉のピークも過ぎた感じです。 有名ではありますが「超」有名観光地ではないので客が少なく、 人込みの嫌いな私には静かで居心地の良いところでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵・日野

すこし遠出して東京は日野市まで遊びに行ってきました。 今回の目的は新撰組。 最近は青森や福島までクルマを走らせていたので、東京は近く感じます。 まずは高幡不動尊。 境内では菊祭りがおこなわれていました。 五重塔が目立ちますが、それよりも目立ったのが七五三。 めか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残り物に福はなかった

恒例の図書館リサイクル市。 例年は出勤前に慌ただしく選んでいましたが、 昨年は無職のおかげでゆっくりと見ることができました。 しかし、今年は仕事のおかげで初日に行くことができず、 2日目の今日になってようやく行くことができました。 さすが2日目。 残っている本はかなり少ない・・・ しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次回は6年後

親父の七回忌でした。三回忌より若干規模を縮小。 同級生だった住職を迎え、法要開始。 眠くなってきたと思い始めたころに終了。 今回は少し早いように思うけど、気のせい? 法要後は市内の飲食店に移動。 予約客でいっぱいだそうで、一般のお客さんは断られていました。 ほとんどのお客さんは法事の後のようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・八戸:その2

ホテルからほど近いところに蕪島があり、初めて見てきました。 ウミネコの繁殖地として話は聞いていましたが、 個人的にわざわざ行くところではなかったのです。 神社はまだ工事中でした。 そして是川縄文館で国宝の土偶。 土偶だけのつもりでいたら、重要文化財の漆器も多数あって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・下北半島:その3

尻屋崎を後に、一路大間崎へ。 しかし写真はこれだけ。撮るものがなくて・・・ 北海道は薄ぼんやりと、なんとなく見えていましたが、 撮るほどのものでもなく・・・ 先に尻屋崎に行ったのは、ここでマグロを食べるため。 朝食後1~2時間で昼食というのは無理があります。 出来ればウニとの合わせ技と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・下北半島:その2

薬研温泉を出発し岬めぐり。2ヶ所だけだけど。 ルート的には逆な気もするけどまずは尻屋崎へ。 目的は去年も来て見られなかった寒立馬。寒くないけど。 ゲート近くの柵の中に1頭いましたが、 自由なウマが見たいのでそこはスルー。 秋の花が咲いていますが、背丈は低め。 海のそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・下北半島:その1

八戸からはカーナビさんの指示に従って、 三沢空港、小川原湖のそばを通り、六ケ所村を抜けて陸奥湾側へ。 航空科学館に興味を惹かれますが、まったく時間がありません。 櫛引八幡宮から3時間ほどかけて恐山に到着。青森は意外と広い。 前回は雪が降っていましたが、今回は曇りがち。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more