テーマ:お客さん

公衆の面前でするのはやめよう

ブラジル人一家が来店。 どうやら息子が結婚し、 新居の家財道具を探しに来たようです。 息子さん夫婦があれこれと選び、 ご両親が支払いをします。 子供に甘いねえ。 商品は全て持ち帰るとのことで、 お父さんにクルマを開けてもらい、 何往復かしてすべて積み終わりました。 その間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグ

食器を出そうとカウンターで作業をしている私を、 ジッと見ているブラジルの女の子がいました。 カチャン! 作業中に思わず食器同士をぶつけてしまいました。 危ない、気を付けよう。 そう思った瞬間、鋭い声で注意するお母さんの声。 そして、それに抗議する女の子。 ポルトガル語なので何を言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俺は社長の知り合いだ」

まだ従業員だったころ、見知らぬお客さんから、 「俺はここの社長の知り合いだ。だから安くしろ」 という命令がありました。 値引き交渉ではありません。命令です。 そう言われたからと言って簡単に信じることはできません。 嘘をついている可能性があります。 断りましたが、先方も引き下がることはなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼ばれる

お客さんが我々スタッフを呼ぶときは、 「すみません」「ちょっと」などと声をかけますが、 外国の方の場合、子供に呼びに来させることもあります。 親よりも子供の方が日本語が堪能なためです。 言葉ではなく、ゼスチャーで呼ばれることも。 ほとんどは手招きですが、 とあるブラジル人の子供(5~6才?)は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ピンキリの方で」

電話で在庫の問い合わせがありました。 いくつか在庫があることを伝えると、 それぞれの値段を聞かれました。 「ピンキリの方でお願いします」 「ピンキリの方」って・・・どちらですか? ピンですか?キリですか? 「ピンキリの方で!」 声の感じからして若い男性でハケンかバイトでしょうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

算用数字は共通では?

ウチのお客さんは日本人だけではなく、 いろんな国籍の方がいます。 値札には算用数字で値段が書いてあるので、 問題なく理解してもらえますが、 まれにその算用数字が読めない方もいました。 「コレイクラ?」「コレイクラ?」と1品ずつ聞かれ、 それで買うならともかく、まず買わないので、 正直なと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識字率は100%ではない

普段は当たり前のように日本語の読み書きをしていますし、 このブログを読んでいるあなたも当然できます。 日本人なら読み書きできて当たり前と思いがちですが、 できない人もいます。 お届けするときは住所と名前を書いてもらいますが、 書けない方がいました。 手指の障碍ではなく、文盲だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使い慣れない敬語

買取の依頼がありました。 とにかくいろいろなものがあるそうです。 ―買取できるかどうか、値段がいくらになるのかは、  実物を拝見してから判断しますね。 「是非、拝見してください!」 日本語がおかしいよ・・・ ―こちらからお伺いすればいいですね? 「はい、お伺いしてもらえますか?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拾ッタ。ドウシヨウ」

いま出ていったばかりのブラジルのお客さん2人が、 すぐに戻ってきました。 何か買い忘れたのかと思ったらそうではありません。 「コレ、拾ッタ。ドウシヨウ」 財布を拾ったようです。 現金は既に抜かれていたようですが、 フィリピン人の在留カードが残されていました。 漢字が読めない彼らにも大事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無くて当然ですよ

買ったものを後から取りにくる客さんはよくいます。 わからなくなったり、取り違えを防ぐために、 伝票を作り、お客さんにも控えをお渡ししています。 ほとんど数日以内に取りにきますから、 お客さんも商品も区別がつきますが、 少し遅めのお客さんだと、伝票で確認することもあります。 「本棚を取りに来たん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナンデワカッタ!?」

ベトナムの方が商品を配達してほしいとのことです。 この後の予定を見れば、今すぐなら可能ですが、 それ以外なら明後日以降になります。 お客さんは「今すぐ」をご希望ですが、 クルマではなく公共交通機関を利用しているので、 帰宅するのに時間がかかります。 ということで、商品だけではなく、 お客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末恐ろしい子だ

おばあさん・お母さんともに、 幼稚園くらいの男の子が来ました。 彼はすぐにウルトラマンのフィギュアを見つけ、 1人で遊び始めました。 子供が商品で遊ぶことはよくあることなので、 私もその子に注意を払っていました。 すぐにお母さんも気付き、 「やめなさい」「戻しなさい」と注意しますが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「初めて知った!」

大きな商品は有料で配達していますが、 小型の商品はほとんどの方が持ち帰ります。 雑貨類はともかく、 小型家具の場合はそのままクルマに乗せることができず、 大抵の場合は後部座席を倒して積むことになります。 まずほとんどの皆さんは自分で倒しますが、 倒し方をご存じない方がいらっしゃいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかく愛知まで来たのに

かつてハケンさんが大量にいたころ、 北は北海道・東北から、南は九州・沖縄まで、 文字通り日本中からこの地方に人が集まっていました。 そんな中、青森から来たという数人のハケンさんがいました。 愛知=名古屋の連想から、 かなりの都会をイメージしてこちらに来たそうですが、 勤務地は刈谷と豊田。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡り巡って家族のもとへ

店内を片付けていたら片隅から、 いかにも「素人の手作り」といった感じの壁掛けを発掘。 これはこれで味があるかと思いながら、 子細に眺めてみると、裏側に見覚えのある屋号が・・・ 常連さんのお店の名前です。 あまり一般的ではない名前なので間違いないでしょう。 店に来たら聞いてみようと、とりあえず店内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借りパクはダメですよ

スリランカのお客さんが国に帰るということで、 家財道具いろいろお引き取りしました。 どれをとっても、とてもスパイシーな香りがします。 家具・家電の整理が終わり、続いて段ボール箱へ。 箱を開けるたびにスパイシーな香り。 その中からDVDが10枚ほど出てきました。 どうもお国の映画かテレビドラマのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セドラー・転売ヤー

相場よりも安く販売している商品、 いわゆる「掘り出し物」はウチの店にもありまして、 気が付いたお客さんは喜んで買っていきます。 そういうお客さんに買っていただけるのなら、 張り合いもあるのですが、 転売目的の方に買われることもあり、 値引き交渉もないので一般のお客さんと同様なのですが、 必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中韓はお嫌いですか?

冷蔵庫と洗濯機を探しに来たお客さん。 ご予算がかなり厳しいようで、一番安い商品をご所望です。 「ところでこのLGってどこのメーカーだ?」 -韓国ですね 「何!韓国!韓国はだめだ!  じゃあこのハイアール?はどこだ?」 -それは中国です 「中国なんかダメだ!日本製はないのか!」 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「尊敬シマス」

外国の方は定住することもありますが、 数年で引越をすることが多いようです。 近距離の場合もあれば遠距離のケースもありますね。 以前に知立に住んでいたブラジルのお客さんが、 あちこちへ引越を繰り返した末に、 10数年ぶりに知立に戻ってきました。 家財道具をそろえようと、 当時通っていたリサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦ですねえ

立て続けに二段ベッドの買取の依頼がありました。 常に在庫が不足している二段ベッドですから、 とてもありがたい話です。 さらに場所も同一市内。 出張するのも1度で済みます。 何と好都合な話でしょう。 詳しい住所と名前を伺うと・・・ あれ・・・? 聞いたことがある住所・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライドが傷ついたらしい

ブラジルの方が下駄箱を購入し、お持ち帰りです。 クルマに積むには下駄箱を横に倒す必要がありますが、 この下駄箱の扉はスライド式なので、 横倒しにすると扉が外れることがあります。 ですので扉を外し、また棚板も外しました。 その状態でクルマに積まれた下駄箱はただの箱です。 それを見てふといたずら心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐れ多くてできません

小型の下駄箱をお買い上げのお客さん。 すぐに持ち帰るそうで、 お連れさんが早々に運び始めました。 レジで精算を済ませてしばらくすると、 「ガムテープをちょうだい」と戻ってきました。 下駄箱の扉でも固定するのかと思い、ガムテープを渡しましたが、 気になったので駐車場へ見に行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかっていますから

自分でゴミを捨てたくないお客さん(主に男性)から、 家電品を買った際に、「箱はいらない」と言われます。 「わかりました」と答えつつ、 箱の中にある付属品を出そうとすると、 「箱はいらないと言っただろう!」とよく怒鳴られました。 取りだした付属品を見せると黙りますが、 空箱を畳もうと箱を手に取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危ないから!周りを見て!

ガラスケースに入れた草刈りハサミを見つけたお客さん。 手に取ってみたいというのでケースから出しました。 始めは手元でハサミを開け閉めしていましたが、 じきに体全体を使うようになりました。 腕を伸ばしてシャキーン! 身体全体を伸ばしてシャキーン! もっと遠くへ届けとシャキーン! 草刈り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大体」でいいの?

お客さんの中にイスラム教徒の方が多くいまして、 東南アジア・南アジア出身が中心です。 イスラム教の特徴として礼拝があります。 礼拝の時刻は決まっているので、 自宅・職場・モスクなどで行えるように、 1日の予定を組んでいるようです。 タイミング悪く、 礼拝の時刻にウチに来ている方がいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「これもセット?」

ダイニングテーブルはイスとセットで、 ベッドはマットレスもセットで販売しています。 他店さんだと別々で販売しているところもあり、 お客さんから「これもセット?」と尋ねられることもあります。 テーブルとイス。 ベッドとマットレス。 一緒に展示していますし、一緒に利用するものですから、 「セット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大丈夫だよね?」

目的外、想定外使用を試みるお客さんがいます。 「このタンスをホースで水をかけて洗っても大丈夫だよね?」 「ガスコンロ(都市ガス用)、スリランカデモ使エルネ?」 「このローボード、踏み台にしても壊れないよね?」 「ローチェストを水槽台にしたいけど、重さは大丈夫かな?」 「このテーブルセット(木製)を庭で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事をしているふり

「わしゃあなあ、80過ぎとんのじゃあ」 が口癖のお客さんがいました。 店内のほかのお客さんを捕まえてはそう言い、 「そうは見えない」「お若いですね」「お元気ですね」など、 お世辞を言ってもらうのが目的です。 店内に誰もいないとスタッフに話しかけてきます。 我々もお客さんが相手なので一応は話を聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

典型的な行動パターン

腕組みをしながら入ろうとするが、入り口の段差で躓く。 気を取り直して再び腕組みをし、すぐに右に向きを変え、 そのまま壁に沿って反時計回りに移動。 途中で冷蔵庫の扉や洗濯機の蓋を開け閉めする。 飾り物コーナーやガラスケースで少し足を止める。 腕組みをしたままのぞき込む。 奥の建物を見るが家具には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連絡がないのが無事の連絡

大きなスチールラックを買ったお客さん。 軽トラックで来ているので、 解体することなくそのままお持ち帰りです。 積み込みを手伝おうと思っていましたが、 別のお客さんから声がかかり、そちらの応対をしている間に、 お連れさんと2人で積んでしまい、 まだ応対中の私に向かってひと声かけて帰っていきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more