営業していたらどうしていただろう:その2

すでに閉店しているウチですが、 昨今のコロナ騒動を見るにつけ、 店をたたんでいてよかったとしか思えません。 3月にも少し考えた(そしてあきらめた)ことがありましたが、 今ではそれと比較にならない厳しさになっています リサイクルショップの書き入れ時である、 3月から5月までが「自粛」ですからね。 …
コメント:2

続きを読むread more

壊れたのはテレビではなく・・・

テレビを買いに来たお客さん。 昨日、急にテレビが壊れたそうです。 自分では初期設定ができないというので、 お届けすることになりました。 お客さん宅はアパートの2階。 テレビを運び上げ、設定を始めます。 が、映らない・・・ 砂嵐(アナログ時代の話です)・・・ お客さん、アンテナは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意をしたのです

ブラジル人のお子さん。幼稚園くらいでしょうか。 土足でソファーに乗り、飛んだり跳ねたりしていたので、 止めるように注意をしました。 そのとたん、ギャンギャン大泣きです。 少し離れたところにいた母親がすぐに私に近づき、 「コドモ!!」と怒鳴りつけてきました。 どうやら私がその子をいじめている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住所は最後まで正確に教えてください

アパートやマンションへお邪魔することはよくあります。 住所を尋ねた際に、 ほとんどの方はマンション名と部屋番号を教えてくれますが、 中には番地までは教えてくれても、 それ以上は教えてくれない方もいます。 現地に着いてから、 慌ててお客さんに電話をして部屋番号を確認することも何回か・・・ 部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこから広まった?

リサイクルショップには外人さんがつきものです。 ウチにも多くの外国籍の方がいらっしゃいました。 南米と東南アジアが双璧ですが、 南アジアや欧米も少なくはありませんでした。 彼らも日本で暮らす以上、日本語を話します。 流暢な人もいますが、ほとんどの人は片言ですね。 それでも意思の疎通はできますし、簡…
コメント:0

続きを読むread more

使用目的に反します

購入された商品が大きくて、 お客さんのクルマに乗せられない場合は、 配達料をいただいてお届けしていました。 ところがその配達料を惜しむ方々もいまして、 どうにかして自分で持ち帰ろうと考えます。 知人や勤務先からトラックを借りてくるのが一般的です。 「ついで」ということを考える方もいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚えているけど気付かない

店内に見覚えのあるお客さんがいました。 古い常連のお客さんではなく、 子供の頃のクラスの担任です。 嫌な思い出しかないので、会いたくもなかったのですが、 そう言えば地元に家があると言っていたような・・・ さすがに歳を重ねて円くなったように見えましたが、 それでもイラッとさせる話し方は相変わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客さんとしての友人知人

地元で働いている以上、友人知人が利用することもあります。 まったく顔が変わらず一目でわかった友人もいれば、 お互いにまったく誰だかわからなかったこともあります。 配達伝票の名前を見て、知人だと思って現地に向かい、 本人の顔が記憶とあまりにも違っていて、 信じられなかったこともありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極めて基本的なこと

「ぼうや」がお客さんからの電話を受けていました。 先ほどウチで買ったテレビが映らないということで、 自分自身は忙しいので私に行ってほしいとのこと。 お客さんの住所と名前と電話番号を尋ねたら、 「知らない」と平気で言う「ぼうや」。 ではどこに行けばいいの・・・? 市内にある某店の名前を挙げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気の秘密:自転車

リサイクルショップにおいて、 自転車というものはかなりの人気商品です。 ウチでも入荷したそばからすぐに売れていきました。 確かに便利なものなので、 必要とする方も多いのですが、 盗まれることが多いのも理由の1つです。 常連さんにも盗まれた方がいました。 値の高い自転車はもとより、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃貸には不向きなことも:シーリングライト

ほとんどの場合は不要ですが、 シーリングライトの種類によっては、 取り付け金具を必要とするものもあります。 その金具を天井にネジで固定するので、 賃貸物件だと退去するときに問題になる可能性があります。 店内の展示では金具を使用していることが分からないので、 金具の使用と天井にネジのあとが残るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめてほしいと言えないもの

小さなお子さんがいるお宅では、 お子さん対策をあれこれとされています。 お子さんが引き出しを開けないように、 ストッパーをつけている方が多くいらっしゃいます。 お子さんがけがをしないように、家具の角やテーブルの脚などに、 クッションをつけている方もよくいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不要」ではないが「不急」でもない

「不要不急」と叫ばれていますが、 「不要」ではないが「不急」でもないのが病院。 年に1~2回程度、検査のために眼科に行く必要があり、 1月に予約をしてありました。 駐車場が狭いので、いつも停めるのに苦労していましたが、 今回はガラガラです。 もちろん、待合室も数人で、あっという間に検査も診察も終了…
コメント:0

続きを読むread more

非常事態宣言下で

今の職場は「休業?テレワーク?何それ?」という職場なので、 いつものように何も変わらず出社を続けています。 通勤中の道路事情を見てもあまり変化がないので、 通勤時間もいつも通りです。 自宅にいても、もともと「インドア派」なので「自粛」も何もありません。 いつもと同じように、読書を中心とした休日を過ごして…
コメント:0

続きを読むread more

悪意よりもたちが悪い:不法投棄

おそらくリサイクルショップ全店共通の悩みなのが、 不法投棄です。 夜中に人目を避けてコソコソと捨てにきます。 本当にゴミを捨てられることもありますが、 どちらかと言えば不用品を置いていく感じですね。 昼間に堂々と売りに来ると断られる可能性が高いので、 夜中にコソコソとくるわけです。 実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で片付けるしかない:不法投棄

敷地内にゴミを捨てられても誰も何もしてくれません。 すべて「捨てられた側」が処分しなければいけません。 段ボール推定50箱を捨てられたときは、目を疑いました。 さらに翌月にまた同じくらいの量で「お代わり」があり、 もう、途方に暮れることしかできませんでした。 段ボール箱の山を前に朝から半泣きです・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルハウスで見積もり

モデルハウスから買取の依頼があり、 事前に査定だけしてほしいとのお話でした。 一部屋ずつ見ていくと、買取可能6:不可4くらいで、 よその展示場よりは良い買取になりそうです。 喜んで査定を続けるうちにお客さんが話しかけてきました。 「これねえ、社内でオークションにかけようと思っていて、  その参…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モデルルームで買取

モデルルームを買ったお客さんからではなく、 ハウスメーカーから依頼が来ることもあります。 何回か現地に見積もりに行きましたが、 不思議なことにウチで買取できるものがないことが多く、 飾ってあった額や置物などに気休め程度の値を付けて、 先方から断ってもらうケースばかりです。 個人のお客さんからの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルルームの備品

マンションでモデルルームとして使われていた部屋を、 備品付きで販売することがあります。 その備品を喜んで使うお客さんもいれば、 不用品としてウチに売りにくるお客さんもいます。 モデルルームの家具は見た目がおしゃれな上、 通常のサイズより一回りほど小さく作られているので、 ウチとしてはありがたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それで幸運が来なかったのかも?

ツバメが飛び回る季節になりました。 そのうちどこかで巣作りをする様子が見られるでしょう。 私が従業員として働き始めたのが1996年の5月。 それまでは毎年のように店の壁にツバメが巣をかけていたそうですが、 翌年から「作り始めては失敗」を繰り返すようになり、 私が独立して以降は巣作りそのものをしなくなりま…
コメント:0

続きを読むread more