今年もよく読みました

今年は6タイトル22冊を読みました。


いやあ、少ないですねえ。

恐らくここ20年で一番少ないですね。

職場が変わり、読書の時間がとりにくくなったことと、

小説を1冊しか読まなかったことが原因でしょう。


「第二次世界大戦」「満州事変」が合わせて18冊で、

ほとんどこの2タイトルが占めています。

20年ほど前に児島襄の作品にこだわっていた時期がありまして、

読んだのはそれ以来。


当時はともにあまり面白く感じることはなく、

読み直すこともないと思っていたのですが、

読んでみると案外面白くて、楽に読み切ることができました。

年齢を重ね、知識が増えたからですかね。


「蘆名一族」「朝倉一族」はここ15年ほどこだわっているシリーズ。

すでに出版社が消滅しているために古本屋で探すしかないシリーズです。

まだ全部をそろえていないので見つかり次第購入していきます。


毎年のように蔵書の読み直しが続いています。

来年も児島襄を中心に読んでいく予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント