カリモク

カリモク。 刈谷木材工業を略したもの。 愛知県を代表する家具メーカーです。 家具のブランドなんてあまり興味がない方でも、 カリモクの名前だけはご存じでした。 (あとはせいぜいフランスベッドくらい) 良質な家具を作っているところで、 多少古くても傷があっても問題なく買取・販売できました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山城・金戒光明寺

京都の金戒光明寺へ行ってきました。 理由は特にないです。 「気が向いた」と言う感じですね。 ご覧の通り、曇天です。 紅葉のピークも過ぎた感じです。 有名ではありますが「超」有名観光地ではないので客が少なく、 人込みの嫌いな私には静かで居心地の良いところでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

「ピンキリの方で」

電話で在庫の問い合わせがありました。 いくつか在庫があることを伝えると、 それぞれの値段を聞かれました。 「ピンキリの方でお願いします」 「ピンキリの方」って・・・どちらですか? ピンですか?キリですか? 「ピンキリの方で!」 声の感じからして若い男性でハケンかバイトでしょうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは保証ではない

お客さん宅で見せてもらったのは、大きなパソコンデスク。 サイズの大きなものは人気がないのでお断りしました。 「なぜダメなんですか!」 食い下がるお客さんにサイズの問題と説明。 大きすぎて売れないと。 「そんなはずはない!絶対に売れます!  僕が保証します!!」 保証してくれるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確かに3階だけど・・・

県外にある某大手食品工場にお届けしました。 お届け物はスチールロッカー1つ。 せっかく県外まで行くのであれば、 もう少しいろいろなものをもって行きたかったです。 現地に着いて設置場所を尋ねると3階だとのこと。 エレベータなし!階段です。 それでも3階ならまだいいかと工場内に入ると・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

会計事務所のありがたさ

1年前は会社はまだ清算前だったので、 顧問契約をしていた会計事務所に年末調整をお願いしていました。 私は控除用の資料を渡すだけです。 しかし、今年からはそうはいかず、 年末調整の各種申告書を自分で記入しなければならなくなりました。 記入・提出すればあとは会社任せなのですが、 それでも今まで記入すら…
コメント:0

続きを読むread more

「テレビとだいぶ違うね」

棚があるということでお客さん宅に向かいました。 見せてくれたのは高さが150cmくらいの扉付きの棚です。 ガラス扉ならよくありますが、木製扉は珍しい。 ひとまず内側を見るために扉を開けようとすると、 扉が床に引っ掛かります。 少し傾けて扉を開けると、棚板数枚となぜか底にパイプ・・・? 改めて外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日定額だったけど

借り主さんがいなくなり、 部屋に残った荷物を買い取ってほしいと、 保証人の方から連絡がありました。 商品の質としては今一つといった感じですが、 すべて買取は可能です。 ただし、商品の数だけは多いので作業時間はかかります。 「時間がかかるなら、その間に手続きに行ってくる」と、 お客さんは出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私なら届きます

ペンダントライトやシーリングライトは人気商品で、 買取も販売も多くありました。 持込み・持ち帰りもありましたが、 出張・配達することもよくあり、 その際はスタッフが取り付け・取り外しをします。 築年数が比較的新しいところでは、天井が高いお宅が多く、 脚立がトラックに常備されていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

リサイクルショップでは無理でしょう

買取の話がまとまり、すべての搬出が終わった後、 「あれも持っていってくれんか?」と追加のお話。 あれって、どれ? 庭を指さされましたが、なにも見つけられません。 「あれだよ、庭石」 あれですか?あの大きな? 登れそうな? 石っていうか、岩? 「運ぶだけで100万円以上かかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵・日野

すこし遠出して東京は日野市まで遊びに行ってきました。 今回の目的は新撰組。 最近は青森や福島までクルマを走らせていたので、東京は近く感じます。 まずは高幡不動尊。 境内では菊祭りがおこなわれていました。 五重塔が目立ちますが、それよりも目立ったのが七五三。 めか…
コメント:0

続きを読むread more

算用数字は共通では?

ウチのお客さんは日本人だけではなく、 いろんな国籍の方がいます。 値札には算用数字で値段が書いてあるので、 問題なく理解してもらえますが、 まれにその算用数字が読めない方もいました。 「コレイクラ?」「コレイクラ?」と1品ずつ聞かれ、 それで買うならともかく、まず買わないので、 正直なと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識字率は100%ではない

普段は当たり前のように日本語の読み書きをしていますし、 このブログを読んでいるあなたも当然できます。 日本人なら読み書きできて当たり前と思いがちですが、 できない人もいます。 お届けするときは住所と名前を書いてもらいますが、 書けない方がいました。 手指の障碍ではなく、文盲だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「袋ちょうだい」

近年は「袋はいらない」というお客さんも増えましたが、 かつては「袋ちょうだい」というお客さんが多数いました。 袋を欲しがるのは外人さんが中心です。 こう書くと「やっぱりね」と蔑んだ言い方をする方がいますが、 決して貧乏人根性からではなく、 (無駄に欲しがるのはむしろ日本人) 必要な場合と自衛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そこは君の席じゃない

配達先まで荷物だけではなく、 お客さんも乗せていくことになりました。 トラックは3人乗りなので問題ありません。 私が運転席に向かい、 お客さんと「ぼうや」は助手席側へ。 そして「どうぞ」と先にお客さんを乗せる「ぼうや」。 あのな、「ぼうや」。 トラックの中央の席は下座なの。 君が上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終活を始めるお年頃:花瓶

年配の方から「陶器」「瀬戸物」という話があった場合、 それは食器ではありません。 花器・花瓶・壺の類です。 バブルあたりでこういったものを集めることが流行りまして、 年配の方はよくお持ちです。 そして年齢的にそろそろ「片付け」を始めるころであり、 お子さんから「終活」を迫られる年頃でもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある意味コーティング

愛煙家の方から家財道具を買い取ると、 表面にタバコのヤニがついていることがあります。 雑巾で拭けば綺麗になりますが、 それなりに手間はかかります。 そして雑巾はヤニで真っ茶色・・・ 愛煙家の肺の中もこんな色? ヤニを拭き取ると、傷も汚れもない表面が出てきます。 ある意味、ヤニでコーティン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

使わなくなってきた:3色コード

3色だったり、2色だったり、1色だったりしますが、 ビデオやオーディオを繋ぐときに使うコードです。 赤白コードはほとんどオーディオでしか使わなかったので、 コンポというものが流行らなくなってくると、 使う機会がなくなってきました。 アンプとカセットデッキの入出力を間違えてつなぐのがお約束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more