陸奥・下北半島:その1

八戸からはカーナビさんの指示に従って、

三沢空港、小川原湖のそばを通り、六ケ所村を抜けて陸奥湾側へ。

航空科学館に興味を惹かれますが、まったく時間がありません。


櫛引八幡宮から3時間ほどかけて恐山に到着。青森は意外と広い。

前回は雪が降っていましたが、今回は曇りがち。


DSC_0567.JPG

DSC_0568.JPG

DSC_0571.JPG

DSC_0576.JPG


三途の川を渡ります。

雲の隙間から漏れる陽光に雰囲気を感じます。


DSC_0578.JPG

DSC_0579.JPG

DSC_0583.JPG

DSC_0585.JPG

DSC_0588.JPG

DSC_0590.JPG

DSC_0598.JPG

DSC_0599.JPG

DSC_0605.JPG

DSC_0610.JPG

DSC_0611.JPG


しかしまあ、どこに行っても観光客と言うものはいるもので、

(ひとまず自分のことは棚に上げて)

バスが何台も来ていました。もちろん、観光客の平均年齢はすごく高い。


20年ほど前にも1度来ていまして、あの時はとても良い天気で、

いや、むしろ良過ぎて霊場としても雰囲気がまるで感じられませんでしたが、

今回はこんな感じで良いのではないでしょうか。

出来ることなら、「かなり濃い霧の中でカラカラと回る風車」という、

とても怖い風景も見たかったところです。


風車は恐山の「名物」です。

生け花の代わり、早世した子供のおもちゃ(ここの本尊はお地蔵さん)、

風量・風向を調べて有毒ガスに備えるなどと言われています。

いずれにしろ、撮影に向いています。


この後は薬研温泉で一泊。

女将が自分で採ってきた山菜・キノコが食事として用意されています。

久しぶりに美味い料理でしたね。

食に関心の薄い私が言うのだから間違いないです。


評判の良い宿なんですが、ほかに客の気配がなく、

危うく貸切になるかと思いましたが、遅れてもう1組が到着しました。

貸切だとかえって申し訳ない気がするんですよ。

休日を潰した気がして・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント