すっかり「過去の出来事」に・・・

台風の直撃とともに閉店したあの日から、1年が経ちました。 無事に再就職もでき、何とか生き延びています。 かつては知立市内にいると、 休日でも仕事を意識して散歩も落ち着きませんでしたが、 今ではすっかりただの地元です。 出かけた先にリサイクルショップがあると立ち寄ったり、 狭い道や古いアパートを…
コメント:0

続きを読むread more

野生児か!

お客さん宅は柱や梁などの構造物が見える造りでした。 搬出のためにタンスの解体を始めると、 お子さんが見慣れない作業に興味津々です。 作業中に近くに寄ってくることはよそのお宅でもあることで、 その度に「危ないから離れてね」を繰り返しています。 お客さんに叱られて諦めるのがよくあるパターンですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拾ッタ。ドウシヨウ」

いま出ていったばかりのブラジルのお客さん2人が、 すぐに戻ってきました。 何か買い忘れたのかと思ったらそうではありません。 「コレ、拾ッタ。ドウシヨウ」 財布を拾ったようです。 現金は既に抜かれていたようですが、 フィリピン人の在留カードが残されていました。 漢字が読めない彼らにも大事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美濃・久々利城

午後から時間があったので、岐阜県可児市まで行ってきました。 目的は久々利城と金山城。 可児郷土歴史館で森長可展を軽く見たあと、 目の前の久々利城へ。 虎口とその奥の枡形。 ここは上段の三の丸から狙われています。 二の丸から見た本丸。切岸に圧倒されます。 …
コメント:0

続きを読むread more

また季節は進む

日中は残暑を感じるものの、 朝夕の涼しさや空の高さを感じるようになりました。 ようやくあの湿気がなくなり、 日陰にいれば過ごしやすくて助かります。(日なたはまだ無理!) ツクツクボウシの声が聞こえなくなり、 代わりにコオロギが目につくようになり、 クズやヌスビトハギも咲き始めています。 …
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・会津若松城

二本松からは寄り道しないで帰るつもりだったのですが、 1泊した後にとてもいい天気になったので、 急遽予定を変更して鶴ヶ城へ。 予定の合間を縫ってのことなので、ゆっくりすることはできません。 前回はあまり見られなかった西出丸・北出丸を中心に、 かるく城内を散歩するのみに…
コメント:0

続きを読むread more

陸奥・中村城

ようやく連休になったので、福島まで遊びに行ってきました。 現地で台風15号と合流し、予定通りにはならなかったものの、 大きな被害には会わずに無事に帰ってこれました。 浜通り南部のいわき市では避難指示が出ていましたが、 北部の相馬市ではそんなものはなく、ただの雨天。 心配でしたが中村城を散歩することができ…
コメント:0

続きを読むread more

掛けた先は同じ

ウチでは電話9674とファックス9004のほかに、 フリーダイヤル6003の番号も使っていました。 フリーダイヤルは買取専用の番号としていましたが、 そんなことには頓着しないお客さんも多数いまして、 買取とは違う問い合わせもよくありました。 私が電話を受けているので、 無関係に話を伺っていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の道半ば

今日で2500回目の更新です。 すでに営業を終えて1年が経とうとしているのに、 まだこうして店の話を続けていますよ。 しかもまだネタはあるし、 さらに思い出したことを書き足しているし・・・ 今月も少ないけど追加しています。 とは言っても、あと1年分もネタがあるわけではないです。 というこ…
コメント:3

続きを読むread more

「あの外人さんに上げようかな」

古びた食器数点のお持ち込みがありましたが、 買取できずお断りしました。 少し悩んでいたお客さん。 たまたま駐車場に入ってきたフィリピン人を見つけて、 「今来たあの外人さんに上げようかな」 と言っていきなり話しかけていきました。 面白そうだったので見ていたかったのですが、 ほかのお客さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「むさくるしいでしょう」

3LDKのマンションに、 二段ベッド2点とロフトベッドをお届けしました。 会社の寮として使うそうです。 「女ばっかり、6人よ。むさくるしいでしょう」 そう言っていましたが、そうですかね。 かつて土建屋さんの寮で、 おっさん5人の部屋を見たことがありますが、 たばこと酒とおつまみと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無くて当然ですよ

買ったものを後から取りにくる客さんはよくいます。 わからなくなったり、取り違えを防ぐために、 伝票を作り、お客さんにも控えをお渡ししています。 ほとんど数日以内に取りにきますから、 お客さんも商品も区別がつきますが、 少し遅めのお客さんだと、伝票で確認することもあります。 「本棚を取りに来たん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「物を置いていただけ」:鏡台

かつては嫁入り道具の1つとして、 婚礼セットの一部でもありましたが、 すっかり不人気商品になりました。 カジュアルなデザインの小型のものであれば、 売れることもありますが、ほとんどは売れません。 「鏡」として使うのではなく、 「小物入れ・置き場」となるのが通常のようです。 「物を置い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱と中身2

コーヒーカップとかお皿に多いのですが、 箱と中身が違うことがあります。 箱はノリタケなのに中身はノーブランド。 こういうパターンが一番多く、 ノーブランドの食器では買取ができません。 箱がトラサルディで中身がノリタケだったときは、 なんというか、非常に悔しい思いでしたね。 「箱がないノリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱と中身1

小型家電を買い換えた時に、今まで使っていたものを、 新しく買ったものの箱に入れる人がいます。 同じようなものなので上手く箱に収まるようです。 それはそれで構わないのですが、 その状態で売りにくる方もいるので厄介です。 新しいものだと喜んで箱を開けると、 古いものが出てきてがっかりします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「知らなかった」でどこへ行こうと?

出張買取の行き先は美浜町。 移動時間が1時間以上かかるので、 その時間を利用して私は助手席で昼飯にし、 「ぼうや」に運転を任せました。 今まで何度も行っているところなので、 ルートは決まっています。 私は道案内をせずに食事をしていました。 いつも左折する交差点を直進した「ぼうや」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語は通じません

飛び込みの営業さんが来ましたが、 まったく興味がないので相手にしていません。 それでもどうにかして話をつなぎたい営業さん。 たまたま店内にいた外国の方が目に入ったようで、 「外人さんが多いんですね。  英語を覚えなければいけないから大変ですね」 と、どうでもいい話を始めましたが、 まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more