使い慣れない敬語

買取の依頼がありました。

とにかくいろいろなものがあるそうです。


―買取できるかどうか、値段がいくらになるのかは、

 実物を拝見してから判断しますね。

「是非、拝見してください!」


日本語がおかしいよ・・・


―こちらからお伺いすればいいですね?

「はい、お伺いしてもらえますか?」


また日本語がおかしいよ・・・


「お疲れさまでした。どうぞ頂いてください」


当日、搬出作業が終わると、

ペットボトル1本をいただきました。

やはり日本語がおかしい・・・


若い方ならわかりますが、

年配の方でも敬語が使い慣れていない方がいらっしゃいました。

もっとも、ウチのスタッフも、


「拝見させていただいたうえで、

 査定させていただくという形を、

 取らさせていただいております」


と「させていただく」の3連発がありましたので、

あまりお客さんのことは言えないのですけどね・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック