末恐ろしい子だ

おばあさん・お母さんともに、

幼稚園くらいの男の子が来ました。


彼はすぐにウルトラマンのフィギュアを見つけ、

1人で遊び始めました。

子供が商品で遊ぶことはよくあることなので、

私もその子に注意を払っていました。


すぐにお母さんも気付き、

「やめなさい」「戻しなさい」と注意しますが、

子供が素直に言うことを聞くはずはありません。


そのうちにスッと坊やはそれをポケットへ。

私とお母さんの目の前の出来事なのでバレバレです。


やがて「僕が払う」と言って坊やは5円玉1枚を出しました。

お母さんも根負けしてついに買う気になりました。


「ポケットの中のものを出しなさい」とお母さん。

ウルトラマン1つを取りだし、私がそれを受け取ると、

続けてポケットからウルトラマンがもう1つ・・・


いつの間に・・・?

私もお母さんも全然気付いていませんでした。

末恐ろしい子だ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック