箱と中身2

コーヒーカップとかお皿に多いのですが、

箱と中身が違うことがあります。


箱はノリタケなのに中身はノーブランド。

こういうパターンが一番多く、

ノーブランドの食器では買取ができません。


箱がトラサルディで中身がノリタケだったときは、

なんというか、非常に悔しい思いでしたね。

「箱がないノリタケ」として買取はできますけどね。


持ち運びに便利なのはわかりますが、

違う箱に入れるのはできるだけ勘弁してもらえませんかね。

がっかり感がつらいです。


家電品の場合は買い替えたと分かりますが、食器の場合は何ですかね。

買い替えということは売りに来るのはいままで使っていた中古品となりますが、

そうではなく未使用品です。

「たまたまそこに空き箱があった」ということでしょうかね?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック