値引き交渉:その4

商品をいくつか買うことによって、

まとめて値引き交渉する方がいます。

これは交渉方法としては正しいやり方です。

人気商品でも(若干ですが)値引きできることがあります。


ただし、複数買えばいいというものではありません。

数だけではなく、金額もまとまる必要があります。

100円の商品を2つ買っても値引きはありません。

100円なら50個や100個くらいは必要でしょう。

それでも金額は5,000円10,000円ですので、

値引き額はわずかなものです。


50,000円の商品を2つ買うのであれば、

100,000円になるので、少しは期待していいと思います。


合計額が数万円くらいであれば、

値引き額はともかく、交渉してみる価値はあるでしょう。

もちろん、大きな態度で交渉するのはご法度です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック