英語は通じません

飛び込みの営業さんが来ましたが、

まったく興味がないので相手にしていません。

それでもどうにかして話をつなぎたい営業さん。

たまたま店内にいた外国の方が目に入ったようで、


「外人さんが多いんですね。

 英語を覚えなければいけないから大変ですね」


と、どうでもいい話を始めましたが、

まったく興味がないのでお帰りいただきました。


いやあ、日本人ですね!

外国人はみな英語を話すと思っていますね!

外国人=アメリカ人だから英語!


確かに店にいたのはアングロサクソン系ですけど、

彼はブラジル人なので英語は通じません。


ブラジル、ペルー、アルゼンチン、

韓、中、台、比、越に、

マレーシア、インドネシア、インド、スリランカ。


ウチのお客さんで多い国籍です。

本当に一部を除いて英語は通じません。

英語だけ話す人もいますが、極めて稀なケースです。

基本的に母国語と片言の日本語です。

私もほとんど片言の日本語で応対しています。


名古屋など都市部はどうか知りませんが、

少なくとも知立周辺の西三河では、

英語よりもポルトガル語のほうがよほど役に立ちますよ。

タガログ語とかベトナム語、中国語辺りも有用ですね。


英語信仰もほどほどに!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック