活字離れ?電子化?断捨離?:本棚

リサイクルショップと一口に言っても、お店によって特徴があり、

人気商品が異なります。


名古屋家具流通センターは今は知立店のみですが、

かつては名古屋に天白店がありました。

同じ名古屋家具流通センターであっても、

知立と天白では売れ筋が異なりまして、その代表が本棚でした。


天白店ではそれほど人気のない本棚でしたが、

(むしろ本立てのほうが人気でした)

知立では大人気でいつも不足していました。


ところが、ここ数年は傾向が変わり、

本棚の売れ行きが落ちてきました。

扉のないオープンラックは値段のせいもあってかまだ売れていますが、

ガラス扉の付いた書棚は動きが鈍くなりました。


また、蔵書家の皆さんの年齢層が高くなり、

家族から蔵書と本棚の整理を迫られているケースもあり、

本棚を買うよりも手放すほうが増えているように感じます。


紙の本を読まない・持たない・集めない理由はそれぞれでしょうが、

本棚の需要が減っていくことは間違いないでしょうね。


リサイクルショップ名古屋家具流通センター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック