「電話、貸シテクダサイ」

中国の方がベッドを購入、配達することになりました。

名前と住所と電話番号を書いてもらいますが、

名前と住所を書いた後に、

「電話、無イ」とスマホを握りしめながら言うお客さん。


かなり日本語が不自由だったのでツッコむことはやめて、

必ず在宅していてほしいとだけ伝えました。


約束の時間にはちゃんと居てくれたので、

安心して作業を開始、しようとしたら、

「電話、貸シテクダサイ」とお客さん。

パソコンの調子が悪いようで、

サービスセンターに連絡をしたいそうです。


フリーダイヤルなので良いかと仕事用の電話を渡し、

(さすがに個人用は渡せません)

搬入作業を開始。


組立まですべて終わり、サインをもらうだけという段になっても、

まだ電話を離さないお客さん。泣きそうな顔をしています。

私が代わりにかけてみると、17:00で業務終了のアナウンス。

ああ、もう18:00を過ぎていますね。

お客さんにはあきらめてもらうしかありません。


受け取りのサインをもらい、クルマに戻る途中で何気なく電話を確認。

うわ!電池がない!

つい先ほどまで80%はあったのに、もう20%くらいになってる!

ベッドを組み立てている間にどれだけ使ったの!

通話もろくにしていないのに・・・

何をどうしたらこんなに電池を使うんだろう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック