肋骨か!

通常、ベッドは布張りの板もしくはすのこ2枚を敷き、

その上にマットレスを載せます。

ところが、たまにあるこのウッドスプリング。


画像



ここまではよくある形ですが、


画像



このように細い板を左右に1枚ずつ嵌めていきます。

初めて見たときは「肋骨か!」と大声で言ってしまいました。

この組立の面倒なこと!


画像



これで完成。あとはこの上にマットレスを載せるだけです。


このベッドは、まず間違いなく、配達をすることになるので、

この「肋骨」を1つ1つ外して解体し、

また現地で「肋骨」を作り直さなければなりません。


通気性はいいらしいので、湿気の多いところでは重宝するでしょうが、

組立・解体をする我々のような業者にとっては、

なるべく避けたいベッドです。


リサイクルショップ名古屋家具流通センター

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック