ガーデニング:火鉢

ごく稀に入荷し、その後はほとんど店のディスプレイと化し、

存在を忘れかけたころに売れることもあるのが火鉢。


しかも火鉢を火鉢として使う人はあまりいません。

ガーデニング用の小道具として使うようです。

角型や長火鉢ではなく、丸型限定ですが、

たぶん鉢カバーとして使うご様子で、

中に入れられている灰はいらないとよく言われます。


灰をつくるのが大変で、わざわざ買っている人もいると言うのに、

なんて贅沢なんでしょう・・・


中には植木鉢として使おうとする方もいます。

水が溜まるので、植物が腐ると思いますよ・・・

そう指摘すると「穴をあけるから大丈夫」とのたまいます。


陶器では余分にひびが入るか、下手すると割れるかも・・・

成功すると良いですね。


リサイクルショップ名古屋家具流通センター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック