知立市のリサイクルショップ名古屋家具流通センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 「どこもやる気がない!!」

<<   作成日時 : 2017/05/13 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電話で買取の依頼がありました。

こちらからあれこれと質問をしていくことが多いのですが、

このお客さんは既にリストが作成してあるのか、

商品だけではなくそれぞれのサイズや年式など、

こちらが知りたいことをすべて読み上げてくれました。


「どうですか。見に来てくれますか?」

―はい、お邪魔しますよ

「その時にすぐに引き取っていきますか?

 それとも見積もりだけでも来てくれますか?」

―それはどちらでもいいですよ。

 お客さんのご希望に合わせます。


そう答えると少しムッとしたような口調になり、

また商品のリストを読み始めました。


「店まで持っていった方がいいですか?

 それとも先に写真だけでも持って行った方がいいですか?」

―それはどちらでもいいですよ。

 お持ちいただけるのであればいつでも査定しますし、

 写真だけでも査定額はわからないまでも、

 買取可能かどうかの判断はできます。

 お客さんのご希望に合わせます。


そう答えるとかなりカッとしたような口調になり、

商品の説明を始めましたが、すぐにやめて、叫びました。


「どこのリサイクルセンターもやる気がない!!」


??

すみませんが、いきなりそう言われても意味が分かりません。

どういうことなのでしょうか?


「いらないですか!?いりませんね!? やめましょうか!?」


話がまるで理解できませんが、

とにかくお客さんがキレているのはわかるので、

やめましょうと電話を切りました。


そんなにやる気を感じさせない応対だったのか、

考えてみましたが、心当たりがありません。

ほかのお客さんへの応対と何も違いません。


強いて上げれば「お客さんのご希望に合わせる」として、

こちらで決定しなかったあたりかと思いますが、

それもほかのお客さんと同様の応対ですし、

「では持ち込んでください」とトラックの手配ができるかどうかわからないのに、

勝手に決めることもできませんしね。


気になったのが「どこのリサイクルセンターも」と言っていたことです。

他店さんでも同様にお客さんの希望に合わせようとしたのでしょう。

でもお客さんはそれでは納得できなかったと・・・


どのように対応すれば納得してもらえたのでしょうか・・・

今もってその答えが出せていません。


リサイクルショップ名古屋家具流通センター

電話:0566-83-9674

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「どこもやる気がない!!」 知立市のリサイクルショップ名古屋家具流通センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる